埼玉で中古ではないのに1000万円で家が建てられる

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県内で1000万円の家と聞くと、一般的には中古の住宅なのではないかと多くの方が考えるのは当然の話です。しかし、これまでの常識を大きく覆し埼玉県内でありながら1000万円台で新築の家を提供している企業が存在しています。中古住宅の相場と大差の無い価格帯であっても決して妥協する事無く、1ランク上の価格帯の物件と遜色の無い質実剛健な安心の住まいを提供する納得の仕上がりが好評です。
これらのサービスを実現するためには、これまで一般化されていた建築業界特有の慣例やシステムの徹底的な見直しと効率化によってコストダウンが図られ、リーズナブルな価格へと還元されるという他社には無い独自のノウハウが満載されており、建築業界において革新的な動きが現れ始めています。

全てを自社で施行しコストダウン

多くの建築会社では、下請け業者がさらに下層の下請け業者に業務を委託すると言う多重構造になっており、何重にも発生する中間マージンは当然販売価格にも反映されてしまいます。注文住宅を発注したところ打ち合わせを行った会社と実際に施行を行う会社が違うのは建築業界ではよくある光景で決して珍しい事ではありませんでした。
しかし中には、お客様と直接対面して提案や打ち合わせを実施した後に受注を最終決定し、必要となる資材の調達をしてから施行を行い完成して引き渡すまで全ての工程を自社で行う事によって中間マージンを皆無とし、そのコストダウン分を価格に反映させ、比較的物件の相場が高い埼玉周辺エリアの新築の家でありながらも中古住宅と同レベルの1000万円台という驚異的なプライスを実現している会社もあります。

地域密着によるさらなるコストダウン

販売価格には資材の運搬に必要となる輸送コストが含まれているのも大きなポイントです。広域に活動している大手建築会社では、全国の幅広いネットワークを持ち、その地域でもユニバーサルなサービスを提供しているのが強みである一方、ひとつの資材を輸送するにも長距離を移動する事となり過大な輸送コストも販売価格へと反映されてしまいます。
その一方で地域密着型の建築会社であれば、日本全国どこでも対応という訳にはいかないものの、地元の周辺エリアであれば輸送コストも最小限に留める事ができ、過大なコストが販売価格に上乗せされる事もありません。地域密着型の経営に加えてあらゆる面で徹底的なコストダウンを図った結果小回りが利くようになり、大手建築会社には不可能なサービスの提供を可能としました。